薪割作業

先日2月5日に間伐では、夕方まで間伐作業に専念していましたので、間伐した木はまとめて現地に置いてありました。今日は、間伐した木を回収して薪割機にかける作業を実施しました。松やクヌギ、樫などの間伐材を軽トラに積み込みます。

人が持てるサイズにカットしてありますが、先日までは森に立っていた木ですから重いのなんの・・・。

軽トラ4杯分の木材を搬出しました。規定の長さ(1尺6寸=だいたい48cm)にカットできていないものは、一旦搬送してから作業場でカットします。今回の作業で一番大きい木は、樹齢がだいたい60年程でした。薪割機で割った薪は、薪タガと呼ばれる輪になった針金(円周が72cm)に入れてゆき、束にしてゆきます。人手が少なかったので、結構お疲れの1日でした。 元締

2016年2月9日 | カテゴリー : その他 | 投稿者 : 元締