やっと春。。。

日本の各地から春のお知らせが聞かれる今日この頃でしたが、西谷では少し遅い春がやってきたようです。

最近は、四季の変化が極端な気候が多いですが、サクラが咲き始め、ウグイスが鳴いて、山には辛夷の白い花が咲いています。やっと春らしくなってきました。

DCF00005.JPG

  今日で平成27年度は終わりになりますが、明日からは

  新たに平成28年度の事業が動き始めます。

  今年は本格的に山・里の恵みを皆さんへお届けを開始

  します。何卒宜しくお願いいたします。

  元締

2016年3月31日 | カテゴリー : その他 | 投稿者 : 元締

安納芋の焼き芋を作りました。

とあるイベントの試食用に安納芋の焼き芋を焼きました。

仕事人集の”からくり職人”が特許を取得した焼き芋製造器(お堅い書類の名前ですね~。)で安納芋を焼き上げました。

昨年は、いろんなイベントで引っ張りだこだった焼き芋製造器ですので、少し年季が入っています。

動画を撮影しましたので 安納芋焼き芋動画 ←ここからダウンロードしてご覧下さい。

今は、安納芋のシーズンオフになります。今年の9月頃からは大量の安納芋を焼き芋やコロッケなどで販売を開始します。

よろしくおねがいします。

元締

2016年3月21日 | カテゴリー : 農産物の話 | 投稿者 : 元締

新アイテムを検討中

新アイテム  薪ろうそく(ウッドキャンドル)の試作をしてみました。

IMG_0219  普通に薪を作るだけでは面白く無いので、何か面白くて

  便利なアイテムを”簡単に”作れないか?と考えて

  最近ネット上で時々見る薪ろうそくを作って見ようと

  チェーンソーで原木に切れ目を入れました。

  意外と簡単に着火したので、びっくりです。

切れ目の長さとか、適切な薪の高さ等を少し研究してみようと思います。

通常の薪とは違う面白い使い方ができるかも知れません。

販売開始した時には、是非お買い上げ下さい。自宅に何本か置いておくと

災害などの時には活躍しそうです。

元締

2016年3月16日 | カテゴリー : 里山の話 | 投稿者 : 元締

今日のターゲット!

間伐作業では、種類も大きさも様々な木を切ります。

今日はこんなに良い天気。

IMG_0199 この現場は、近くに田んぼがあるのであまり長期間の

 間伐作業ができません。

 そろそろ仕上げる次期が近づいています。

 

 

IMG_0201今日のターゲットは、この大きな松。

20m近くありそうです。

周りの木や厄介な藤の蔦を切って、後始末がしやすい様に

準備をしてゆきます。

これほど大きな木になると、他の木に引っかかると始末

する作業の量と危険度が倍増しますので、事前準備が

とても大事になります。

  もう一つのターゲットは、こちらも大きなクヌギです。IMG_0203

  見てのとおり、枝が沢山あって、間伐した後の処理

  が大変でした。

  半日ちょっとかかって、この2本を処理しました。

  今日も無事に作業は完了しました。 

                山の神様ありがとうございます。

元締

 

2016年3月11日 | カテゴリー : 里山の話 | 投稿者 : 元締

薪の納品

IMG_0197 篠山市にある丹波立杭陶磁器協同組合様へ薪を納品に伺い

 ました。陶芸の登り窯に使用される薪になりますので、

 一般の ストーブ用とは異なり、「松」を使用しています。

 西谷地区の地元で間伐した松材ですので、松ヤニを

 沢山含んだ松になります。これからもどんどん納品させていただく計画です。

西谷産の松で焼き上がった陶磁器がお目見えする日が楽しみです。

 

陶磁器美術館があったり、展示即売をされているショップもあります。車で少し走ると温泉もあります。

色々楽しめる場所ですので是非お立ち寄り下さい。

ホームページのブックマーク欄にリンクを貼らせていただいております。

元締 

2016年3月6日 | カテゴリー : 里山の話 | 投稿者 : 元締

テントを設置しました。

木を間伐する作業、薪に束ねる作業はからだ全体を動かすので、この時期に

作業しても汗をかくほどの作業です。

逆に薪割機で木を割る作業は、機械が一番働いてくれる分、からだは寒かっ

たりします。

先日注文したテントが到着したので、早速組み立てて作業場を覆う様に

セットしました。

 

tent  これで大事な薪割機も雨から守られます。

  作業中も寒さは軽減されるので、作業には

  良い環境になってきました。

  だんだん秘密基地っぽくなって来ました。laugh

元締

2016年3月4日 | カテゴリー : 道具の話 | 投稿者 : 元締

おひな様

西谷は、田舎です。  といっても僻地という程の田舎ではありません。

田舎ではごく普通ですが、それぞれの家は都会では考えられないくらい大きかったりします。

  昔ながらの受け継がれた家や畑です。 ひな

  もちろん伝統という部分も受け継がれています。

  昔は4月3日の旧歴でおひな様を飾るという

  地域ですが、今は普通に3月3日には飾ります。

  ただ、昔の習慣の名残もあるのでおひな様は4月3日を過ぎるまで飾る家が多いと思います。

おひな様にお供えしているのはちらし寿司とひし餅です。

ひし餅は仕事人にご協力いただいているお母さんが作ってくれたものを頂戴していましたので、飾らせていただきました。

元締

 

2016年3月3日 | カテゴリー : その他 | 投稿者 : 元締